第9期生 東千尋さんアグレッジブインラインスケート世界選手権二連覇

7月4日~7日にスペインバルセロナで行われたWorld Roller Games 2019に日本代表選手として健康科学科第9期生 東千尋さん(岡山市出身CDS所属)が出場し、アグレッシブフリースタイル部門で世界チャンピオンに輝き前回大会に続き、見事二連覇を成し遂げました。

world roller gamesは2年に1度の開催で、世界各国から代表が集まります。今大会はスケートボードやスピードなど128種目81ヶ国から総勢4120名の代表が参加。日本代表は総勢130名の出場。そのうち日本代表が獲得した唯一の金メダルが東さんです。

(関連サイト)
https://www.wrg2019.com/