校友会 会則 | IPU環太平洋大学 校友会

校友会 会則

環太平洋大学同窓会会則

制定 平29年10月28日

第1章 総則

(名称)

第1条         本会は、環太平洋大学校友会(以下「本会」という)と称する。

(事務所)

第2条         本会の事務局を、環太平洋大学内(岡山県岡山市東区瀬戸町観音寺721)に置く。

(目的)

第3条         本会は、会員相互の親睦を図り、環太平洋大学の発展に寄与することを目的とする。

(事業)

第4条         本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
・会員名簿及び会報の発行、その他必要と認められる出版物の刊行
・役員会・評議員会、その他必要と認められる会議の開催
・会員との交流、福利厚生、研修等の諸事業
・会員への情報提供
・在学生の学内外における諸活動、就職支援、行事の応援並びに母校の発展を促すための諸事業
・社会的に、顕著な業績を収めた会員に対する表彰
・その他、本会の目的を達成するために必要な事業

第2章 会員

(会員)

第5条        本会は、次の会員で組織する。
・環太平洋大学卒業生を正会員とする。
・環太平洋大学教職員及び元教職員を客員会員とする。
・前項の要件に欠ける場合であっても、本会の目的に賛同し評議員会で承認された者を特別会員とする。

(役員)

第6条        本会に、次の役員を置く。
会長        1名
副会長       2名
常任幹事      2名
事務局長      1名
評議員       12名
会計        2名

(役員の選出)

第7条
1. 会長、副会長、監事は、評議員会で選出する。
2. 常任幹事、事務局長、評議員は、常任幹事会で選出する。

(役員の任務)

第8条
1. 会長は、本会を代表し、会務を総括する。
2. 副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代行する。
3. 常任幹事は、事業計画の立案実施等、会務を掌理する。
4. 事務局長は、常任幹事の中から1名選出し、本会の業務を遂行する。
5. 評議員は、各支部を代表し、構成支部の会務を掌理する。
6. 監事は、会計を監査する。

(役員の任期)

第9条
役員の任期は5年とし、再任を妨げない。ただし、役員に欠員が生じたときは、
常任幹事会の承認を得て、前任者の残存期間とする。

第3章 会議

(機関の設置)

第10条    本会に、次の機関を置く。
1. 評議員会
2. 常任幹事会

(評議員会)

第11条        評議員会は、本会の役員を持って構成し、会長の招集により開催する。
2 評議員会は、本会の最高議決機関とし、次に掲げる事項を審議する。
会則の改訂
事業報告・決算報告
事業計画・予算計画
役員の選出
その他評議員会において必要と認めた事項

(常任幹事会)

第12条        常任幹事会は、会長、副会長、常任幹事、事務局長を持って構成し、会長の招
集により必要に応じて開催する。
2 常任幹事会は、本会運営に必要な事項を審議する。

(支部総会)

第13条

1.  支部総会は、支部の評議員、支部の会員を持って構成し、会長の承認を得て、支部評議員の招集により必要に応じて開催する。

2.  支部総会は、本会運営に必要な事項を審議する。

(決議)

第14条

  1.  会議の決議は、出席者の過半数で決するものとし、可否同数の場合は議長の判断とする
  2.  評議員会、常任幹事会は、会長が議長となる。支部総会は、支部評議員が議長となる。

第4章 会計

(会計年度)

第15条        本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終了する。

(経費)

第16条

  1. 本会の経費は、会員の会費、寄付金及びその他の収入をもって充てる。
  2. 正会員は終身会費として2万円納める。ただし、既納の会費は返還しない。

第5章  支部

(支部の設置)

第17条        本会は次に定める12支部で構成する。
北海道支部
東北支部
北陸支部
関東支部
近畿支部
岡山支部
中四国支部
九州支部

附則

1 本会則は、平成29年10月28日より施行する。